令和3年度病院指標

令和3年度 水島中央病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
※患者数が10未満の場合は、「-(ハイフン)」と記載しております。

年齢階級別退院患者数

>>ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 168 56 60 74 152 216 324 614 561 218
画像:年齢階級別退院患者数グラフ
 コロナ前(令和元年)とコロナ後の比較を見ると0-9歳はコロナ1年目の令和2年は半数以下にまで激減したが令和3年は回復した。そのほかの年齢ではコロナ前後で大きな差はみられない。70歳以上の高齢者もコロナ前後での変化は目立たない。60歳代だけが減少傾向にある。健診控えから受診遅れとなる影響を一番受ける年齢によるものが考察される。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

>>ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 146 2.05 2.65 0.00% 65.54
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 45 9.80 13.14 11.11% 78.36
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 41 19.17 20.57 24.39% 85.76
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 34 8.32 9.21 14.71% 77.85
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 3.85 4.92 3.70% 65.52
 当院内科は消化器領域が得意分野であり、内視鏡センターにて内視鏡診断、治療を積極的に行っています。下部内視鏡検査も多く、ポリープ切除(基本的に1泊入院)も年々増加しています。熟練の施行医により、鎮静剤は使わずに施行しますが、患者様は疼痛なくモニターを見ることもできます。ご希望があれば鎮痛剤 鎮静剤は使用できます。大腸癌の患者数は増加傾向にあります。早期であれば内視鏡による切除も可能であり、40才過ぎれば検査を受けることをお勧めします。特筆すべきは胆管結石、胆管炎の患者さんが多いことです。症状は黄疸、発熱、上腹部痛などです。水島地区で多くの胆管結石症例に対する内視鏡治療を施行しています。他院からの紹介患者も年々増えています。高齢の患者さんや緊急内視鏡による排石も積極的に対応しています。入院早期に内視鏡治療施行し、大きな合併症起こさないようにし、平均在院日数は短くなっています。コロナ下でも発熱患者の受け入れにも積極的に対応しているため消化器疾患以外では腎盂腎炎含め、尿路感染症の患者が多くなっています。尿管結石合併例などは泌尿器科へ紹介しています。また肺炎、特に誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。誤嚥性肺炎の患者さんは脳梗塞等、複数の合併症を持つ高齢者が多く、在院日数が伸びる傾向となっています。入院早期から摂食嚥下リハビリ、口腔ケアが介入しています。抗生剤治療後は積極的に回復期リハビリに取り組み、長期となる場合は療養型病院転院へスムーズな連携をとっています。前庭機能障害などのめまいを主訴に救急搬送される患者も多く、安静加療にて短期で退院となっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 骨折観血的手術・人工骨頭挿入術 肩、股等 130 36.68 25.32 44.62% 81.48
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 60 24.80 19.34 35.00% 76.23
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷(肩腱板断裂、アキレス腱断裂等) 靱帯断裂形成手術等 52 33.60 16.66 0.00% 66.12
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 32 6.63 4.99 3.13% 56.56
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、 足、指(手、足)その他等 29 25.93 18.36 6.90% 56.14
 骨粗鬆症をベースとした高齢者の脆弱性骨折が上位を占めています。大腿骨近位端骨折に対しては、骨接合術もしくは人工骨頭置換術手術を行っています。早期から積極的なリハビリ治療にも力を入れ、術後状態が落ち着いたら回復期リハビリ病棟へ転棟し日曜日・祝日を問わずリハビリを行っております。急性期から回復期まで一貫した入院治療を行っているため、当院の平均在院日数が全国平均より長くなっております。胸腰椎の圧迫骨折患者さんに対しても、早期からリハビリが介入しております。これらの疾患については、回復期リハビリ病棟の病床に余裕がない状況などでは、同じ法人の倉敷リハビリテーション病院や近隣の施設に転院をお願いすることがあります。転院症例を含めますと、平均在院日数は大腿骨近位部骨折で約36日、胸腰椎圧迫骨折で約24日となっております。3番目に患者数が多いのは肩腱板断裂です。2012年より、スポーツ医学関節鏡センターを開設し、肩の腱板断裂や膝の靱帯損傷・半月板損傷などの手術治療に力を入れています。特に肩関節疾患の患者さんのご紹介は年々増えており、各種鏡視下手術のみならず、リバース型人工関節置換術も安定して良好な成績を収めており、患者さんにも大変喜んでいただいています。上肢・手の骨折手術も多く行っており、極めて高い技術で、難易度の高い関節内粉砕骨折を含めた症例にも対応しています。スポーツ医学関節鏡センターと並んで当院が誇る領域であります。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 30 6.03 4.74 0.00% 72.37
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍  アバスチンあり 28 3.00 4.54 0.00% 67.14
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 21 6.19 5.40 0.00% 37.33
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 19 12.68 7.11 0.00% 65.68
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 11 4.73 7.31 0.00% 29.45
 成人の鼠径ヘルニア手術が最も多く、メッシュプラグ法、クーゲル法を行っています。結腸、直腸癌の転移、再発症例に対しては、静脈ポート挿入後、ガイドラインに沿って、短期入院または外来化学療法室にて抗癌剤治療を行っています。虫垂炎症例に対しては、腹膜炎を伴って緊急手術を行う例もありますが、保存的治療後に腹腔鏡下に手術を行う症例も増加しています。胆石胆嚢炎に対しては、腹腔鏡下手術を基本的に行っておりますが、高度な炎症を伴う症例は開腹手術に移行するなど、安全な手術を心がけています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術  手術・処置等2 なし 36 5.92 7.02 0.00% 76.78
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 (前立腺生検法)あり 34 2.38 2.50 0.00% 72.26
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 23 16.30 8.23 4.35% 74.61
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 12 14.33 2.59 25.00% 70.42
11013xxx04xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 10 6.90 5.46 10.00% 64.00
 泌尿器科で最も多い診断群分類は膀胱癌に対する経尿道的手術です。膀胱癌に対して経尿道的に膀胱の腫瘍組織を採取することで正確な診断を行います。その後、できるだけ経尿道的に切除・焼灼することにより根治を目指しています。次に多い診断群分類は前立腺針生検法です。MRI画像を参考に癌を疑う部位を中心に超音波ガイド下に針で穿刺して組織を採取しています。その次に多い診断群分類は前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。また、腎・尿管結石に対して体外衝撃波結石破砕術は主に日帰り手術で施行していますが、結石により閉塞性腎盂腎炎となった症例は積極的に入院加療を行っています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 (エダラボンあり) 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 6.68 15.63 0.00% 70.32
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 (エダラボンあり) 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 18 38.22 19.21 5.56% 70.39
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 15.71 8.30 0.00% 68.06
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 21.76 9.78 5.88% 73.71
010230xx99x00x てんかん  手術なし  処置なし  副傷病なし 7.22
 脳梗塞の急性期の患者さんが最も多いです。条件次第で血栓溶解剤(t-PA)療法も行なっています。点滴、内服薬、リハビリテーションで加療し、在宅復帰を目指しています。当院は回復期リハビリテーション病棟があり、専従のセラピストによりリハビリテーションを効果的に実施しています。若い患者の方が軽症であり、入院期間も短い傾向にあります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 39 3.82 5.83 0.00% 1.62
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 24 3.29 5.53 8.33% 4.13
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 4.43 5.76. 0.00% 2.35
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 3.43 6.24 0.00% 2.62
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 (ガンマグロブリンあり) 11 6.09 9.67 0.00% 0.64
 当科の入院患児の多くは、感染症による肺炎、腸炎等です。近隣の先生からの紹介も多く受けています。平均在院日数も短く、治療終了後は紹介元のかかりつけの先生に診て頂くようにしています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 13.07
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 9.22
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 2.94
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 7.68
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 (重度褥瘡処置)あり 32.36
 当科では皮膚組織への細菌感染で引き起こされる丹毒や蜂窩織炎において、外来での通院では十分な治療が期待できない高熱を伴うような重症患者の入院治療を行っており10日程度の入院加療を要します。また当院の形成外科(非常勤)とも協力して形成外科での手術後の管理、経過観察をしております。当科においても局所麻酔で切除可能な良性腫瘍、悪性腫瘍の摘出を行っており、日帰りから希望に沿って術後の経過観察を行っています。また感染や皮下組織に達するような深い褥瘡に対しても入院での局所陰圧閉鎖療法を用いて積極的に治療を心掛け早期治癒を目指しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

>>ファイルをダウンロード
DPCコード 初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 22 1 8,7
大腸癌 12 27 32 1 8,7
乳癌 1 8,7
肺癌 1 7
肝癌 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院での癌症例を病期分類で見ると、胃癌、大腸癌では進行癌や再発症例が多いのが特徴です。手術は標準的な手術方法を基本としておりますが、多臓器合併切除等複雑な手術になる症例もあります。また術後補助化学療法や再発による抗癌剤治療を行う症例が多く、ガイドラインに従い、薬剤師・看護師と連携し外来化学療法室にて行っています。乳癌に対しては、乳房温存手術を基本に行いますが、高齢者の進行癌症例が多く、乳房切除に至ることもあります。肺癌では手術療法を基本に行いますが、進行癌症例に対しては抗癌剤治療、他院にて放射線治療を行っています。また、癌症例全体を通して、高齢者が多いのが特徴です。肝癌については令和3年度も症例数が少なく表記されませんでしたが各ステージそれぞれに症例がありました。B型肝炎、C型肝炎の治療の進歩により肝癌発症も抑制されたことが年々の症例数の減少に表れています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

>>ファイルをダウンロード
患者数 平均 在院日数 平均年齢
軽症
中等症 19 15.89 83.11
重症
超重症
不明
 軽症の患者さんでは若年者が多く、マイコプラズマ肺炎などの非定型肺炎の頻度が高い傾向にあります。症状が強くて食事がとれない、外来で内服加療しても改善しないなどの理由で入院となっています。中等症の患者さんが最も多く、時には酸素療法を要することもありますが、抗生剤の点滴加療などで治療し早期の退院を目指しています。重症、超重症の患者さんは喫煙が原因の慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった呼吸器疾患や脳血管障害等の他臓器合併症が多く認められます。呼吸不全に対してネーザルハイフロー、非侵襲的陽圧換気や人工呼吸器を使用しています。中等症より重症の患者さんは高齢者が多くなっています。

脳梗塞の患者数等

>>ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 64 32.28 73.41 5.48%
その他
 脳梗塞の急性期、3日以内の患者さんが最も多いです。閉塞及び狭窄する血管の支配領域の程度により、1週間で退院できる軽度の人から、寝たきりになる人まで様々です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

>>ファイルをダウンロード

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 87 4.11 33.61 32.18% 78.33
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 52 0.17 32.42 0.00% 66.12
K0821 人工関節置換術(膝) 等 50 2.12 34.68 6.00% 73.58
K0731 関節内骨折観血的手術(股) 等 46 4.37 20.52 28.26% 75.37
K0811 人工骨頭挿入術(股) 40 5.08 36.63 55.00% 82.45
 例年のことですが、高齢者による大腿骨近位端骨折に対する手術が一番多いです。術式としては、安定型の大腿骨頚部骨折や大腿骨転子部・転子下骨折に対しては骨接合術を行い、転位を伴った大腿骨頚部骨折に対しては人工骨頭置換術を行なっています。しかし近年、転子部骨折での粉砕例が増えてきており、粉砕の程度によっては骨接合ではなく人工骨頭置換術を選択するケースがあります。高齢者では合併症を持つ患者さんが多く、内科と連携しながら周術期管理を行いつつ、受傷前の状態に応じた目標を定めて早期よりリハビリを行なっています。入院早期からソーシャルワーカーや退院支援看護師を中心に、退院後の生活に視点をおいたカンファレンスを開くことで早期退院を目指しています。退院後はケアマネージャーや介護系職種と良好な連携をとることで安心して退院後の生活が送れるようにしています。次に多いのは、肩の腱板手術です。当院では内視鏡カメラを用いた鏡視下手術を得意としており、年々手術件数は右肩上がりに増えております。鏡視下に行うことで低侵襲なため、術後の痛みも少なく、リハビリでの回復も早く患者さんに大変喜ばれています。断裂範囲が広く縫合が困難な重症例では、大腿筋膜移植や大胸筋移行術などの高難度の手術も鏡視下に行っております。腱板断裂を伴う変形性肩関節症に対しては、人工関節置換術を行っております。また、変形性股・膝関節に対しても積極的に人工関節置換術を行っており、合わせて昨年度の手術件数は50例でありました。特に最近では膝の内側が優位(まれに外側優位)に変形している患者さんに対して、傷んだ側だけを置換する単顆人工膝関節置換術を積極的に行っております。術後の痛みや回復が早いので大変喜ばれております。さらには上肢の骨折の手術件数も多く、手術による内固定を行うことで、術後早期から患肢を使うことができるので、患者さんからも大変喜ばれています。高齢化の進展とともに、ますます外傷や変性疾患など整形外科の手術のニーズは増えていきます。さらなる手術技術の向上と質の高いリハビリで手術成績の向上に精進して参ります。

内科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 (長径2センチメートル未満) 142 0.36 1.06 0.70% 65.82
K6532 内視鏡的十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 15 1.00 4.40 0.00% 70.60
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 15 1.00 4.20 13.33% 75.67
K654 内視鏡的消化管止血術 14 5.86 13.71 14.29% 65.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 13 13.46 13.15 30.77% 81.31
 当院での下部内視鏡検査数の増加もあり、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ切除術が多くなっています。内視鏡検査中にポリープが観察されたときは患者さんにテレビモニターを観察していただきながら、当日ポリープ切除しています。(現在はコロナ感染リスク回避のため、下部内視鏡施行し、ポリープが認められた場合はコロナPCR陰性を確認し、後日ポリープ切除しています。)安全のために1泊経過観察入院していただいていますが、術後出血の頻度は少なく、翌朝には退院していただいています。 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層はく離術(ESD)も積極的に施行しています。萎縮性胃炎などの胃癌のリスクの高い患者さんの内視鏡フォローや定期健診により早期で見つかる症例が増えています。また近医からの紹介も増えています。 胆管結石に対する内視鏡的処置(乳頭切開術)も多く施行しています。胆管の出口(乳頭)を内視鏡下、電気メスを使って切開し、結石を排石します。安全で負担の少ない治療を第一とすることで、合併症も少なく平均術在院日数を短くしています。近隣の病院、施設などから高齢者の患者さんの紹介も多くなっています。 胃、十二指腸潰瘍などからの出血に対し、内視鏡的止血術を施行できる体制をとっています。血便主訴に受診される大腸憩室出血の患者さんに対してはクリッピング、結紮などにより止血を行っています。 胃瘻造設術に関しては内科入院の患者さんについては年間13件あり、その他 脳外科など他科入院中の患者さんも必要に応じて胃瘻造設術をしています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 3.52 6.94 0.00% 58.94
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 30 0.13 4.90 0.00% 72.37
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 0.43 4.76 0.00% 37.33
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 13 8.62 20.92 0.00% 70.08
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
 外科の手術件数は胆石胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、腹腔鏡下手術を基本的に行っておりますが、高度な炎症を伴う症例は開腹手術に移行するなど、安全で確実な手術方法を心がけています。成人の鼠径ヘルニア症例も増加しており、再発、痛みが少ないテンションフリー手術(メッシュプラグ法、クーゲル法)をクリニカルパスを導入し行っています。 虫垂炎症例に対しては、腹膜炎を伴っており緊急手術を行う例もありますが、保存的治療後に腹腔鏡下に手術を行う症例も増加しています。結腸癌手術症例も全国的に増加していますが、当院では進行癌や高齢者の症例が多いのが特徴です。手術は標準的な手術方法を基本としておりますが、多臓器合併切除等複雑な手術になる症例もあります。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 39 0.95 4.13 0.00% 76.26
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 23 4.96 10.35 4.35% 74.61
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 12 7.08 6.25 25.00% 70.42
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
K830 精巣摘出術
 泌尿器科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道手術です。膀胱癌に対して膀胱の腫瘍組織を採取するとともに、経尿道的に焼灼することにより、根治を目指しています。次に多い手術は、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。やむをえず尿道カテーテル留置となっている症例や、間歇自己導尿を継続している症例も、積極的に手術をして尿道カテーテルの無い状態で自排尿ができるようにしています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 14 0.79 24.79 14.29% 79.07
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)
K145 穿頭脳室ドレナージ術
 慢性硬膜下血腫は、脳と頭蓋骨の隙間に液体の血液がたまった状態であり、大多数が高齢者です。症状は半身麻痺、認知症などであり、手術は局所麻酔にて、頭蓋骨に穴を1つ開けて、内部の血腫を注射器で吸引するもので、30~60分間で終わります。症状はすぐに改善され、他の病気の合併がないかぎり、大多数の患者さんは手術後4~7日間ほど(リハビリ状況で伸びる場合もあります)で自宅に退院しています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満)
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
 当科では局所麻酔で切除可能な皮膚腫瘍の摘出を行っております。腫瘍の大きさなどによっては入院での経過観察も可能であります。眼瞼下垂、眼瞼内反症は形成外科にて手術を実施し、術後の経過観察と処置を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

>>ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
 令和3年度も昨年同様症例数は少なく表記されませんでした。敗血症に関しては尿路感染症や胆管炎からの症例がありました。手術、処置後の合併症としての発生率は非常に少ないのですが感染症対策が重要な項目でした。

更新履歴

2022/9/26「令和2年度 水島中央病院 病院指標」を公開しました。