令和元年度病院指標

令和元年年度 水島中央病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
※患者数が10未満の場合は、「-(ハイフン)」と記載しております。

年齢階級別退院患者数

>>ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 280 98 64 107 127 181 382 651 540 177
画像:年齢階級別退院患者数グラフ
 平成30年度の総退院患者数の年齢階級は過去4年間の比較で0~,10~歳の小児~若年層で減少傾向にある。高齢者の増加傾向に関しては70~と90~の患者数は年々増加傾向にあるがそのほかの年代では一定の傾向はなかった。70~の患者数がピークと0~が多い2峰性年齢分布は例年通りだった。ピークの70~に関しては過去4年間の中でも最も多く高齢化の表れと考えられる。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

>>ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 191 2.01 2.63 0.00 66.95
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 9.00 9.79 21.74 78.20
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 21.15 20.84 27.27 83.09
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 31 5.42 5.39 0.00 52.68
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 31 12.10 12.58 19.35 79.10
 当院内科は消化器領域が得意分野であり、内視鏡センターにて内視鏡診断、治療を積極的に行っています。下部内視鏡検査も多く、ポリープ切除(基本的に1泊入院)も年々増加しています。特筆すべきは胆管結石、胆管炎の患者さんが多いことです。現在 水島地区では唯一当院でのみ胆管結石に対する内視鏡治療(ERCP後ドレナージ、排石)を施行しています。他院からの紹介患者も年々増えています。高齢の患者さんや緊急内視鏡による排石も積極的に対応しています。なかには100歳を超えた患者さんもいました。入院早期に内視鏡治療を施行し、大きな合併症を起こさないようにし、平均在院日数は短くなっています。消化器疾患以外では肺炎、特に誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。誤嚥性肺炎の患者さんは脳梗塞等、複数の合併症を持つ高齢者が多く、在院日数が伸びる傾向となっています。入院早期から摂食嚥下リハビリ、口腔ケアが介入しています。抗生剤治療後は積極的に回復期リハビリに取り組み、長期となる場合は療養型病院転院へスムーズな連携をとっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 骨折観血的手術・人工骨頭挿入術 肩、股等 114 54.99 25.94 30.70 81.88
160610xx01xxxx 肩腱板断裂・損傷等 関節鏡下肩腱板断裂手術等 59 32.27 17.74 0.00 65.07
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 57 28.96 19.40 28.07 80.81
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 40 8.68 5.54 0.00 64.03
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 20 34.75 16.24 5 56.15
 骨粗鬆症をベースとした高齢者の骨折症例は近年増加傾向にあり、当院への救急搬送も増加しております。また、近隣の医療機関や施設からも多くの患者さんのご紹介を頂いております。大腿骨近位端骨折に対しては、骨接合術もしくは人工骨頭置換術手術を行っており、術後は回復期リハビリテーション病棟に転棟し、積極的なリハビリ治療にも力を入れており、急性期から回復期までの一貫した入院治療を行っております。胸腰椎の圧迫骨折の患者さんに対しても、早期からリハビリが介入し、多くの患者さんは約3~4週間程度の入院加療で病前の状態にまで回復され、元の生活環境へ退院できています。当院の平均在院日数は一般病棟の入院日数と回復期リハビリテーション病棟の在院日数を足したものになるため、全国の平均在院日数より長くなっています。当院の一般病棟の入院日数で比べると全国平均よりも短くなっています。また平成24年より、スポーツ医学関節鏡センターを立ち上げ、肩の腱板断裂や膝の靱帯損傷・半月板損傷などの手術治療に力を入れております。特に肩関節疾患の患者さんのご紹介は年々増えており、各種鏡視下手術のみならず、最近ではリバース型人工関節置換術も積極的に行っております。どちらも非常に良好な治療成績を上げており、患者さんからも極めて高い満足度をいただいております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 23 5.70 4.85 0.00 66.09
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 14 5.36 6.94 0.00 40.71
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 13 3.08 4.40 0.00 75.77
160400xx99x00x 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 14.69 8.73 0.00 75.92
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 12 10.92 9.79 0.00 45.50
 成人の鼠径ヘルニア手術が最も多く、メッシュプラグ法、クーゲル法および腹腔鏡下修復術(TAPP法)を行っています。胆石症、胆嚢炎に対する手術症例も多く、腹腔鏡下手術を基本的に行っておりますが、高度な炎症を伴う症例は開腹手術に移行するなど、安全で確実な手術方法を心がけています。糖尿病や動脈硬化等に伴う下肢蜂窩織炎症例に対し、入院の上抗生剤点滴、ドレナージ等の処置を行っています。虫垂炎症例に対しては、緊急手術を行う例もありますが、保存的治療後に腹腔鏡下に手術を行う症例も増加しています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 4.02 5.69 0.00 4.23
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 41 3.68 5.39 0.00 4.76
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 41 3.10 6.19 0.00 1.61
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 3.41 6.64 0.00 4.51
030270xxxxxxxx 上気道炎 27 3.89 4.94 0.00 7.00
 当科の入院患児の多くは、5歳未満の気管支喘息急性増悪・細菌性肺炎、1歳未満の呼吸器不全を伴った細気管支炎が占め、ついで脱水症を伴ったウイルス性胃腸炎です。近隣の先生からの紹介も多く、加療終了後は紹介元の先生方に診て頂くようにしています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 7.00 16.13 6.25 65.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 8.08 9.67 7.69 77.77
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 5.75 7.34 8.33 64.92
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 19.66
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 7.10
 脳梗塞の急性期の患者さんが最も多いです。条件次第で血栓溶解剤(t-PA)療法も行なっています。点滴、内服薬、リハビリテーションで加療し、在宅復帰を目指しています。当院は回復期リハビリテーション病棟があり、専従のセラピストによりリハビリテーションをしっかりと行なっています。若い人の方が、軽症であり、入院期間も短い傾向にあります。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1(前立腺生検法)あり 定義副傷病 なし 37 2.14 2.49 0.00 70.89
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 35 6.17 7.07 5.71 78.20
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 17 16.29 8.52 11.76 73.59
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 10 2.00 10.65 0.00 86.50
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患(腎結石および尿管結石性閉塞を伴う水腎症等) その他の手術(経尿道的尿管ステント留置術等)あり 定義副傷病 なし 7.38
 当科で最も多い診断群は膀胱癌に対する経尿道手術です。膀胱癌に対して膀胱腫瘍の組織を採取するとともに、できるだけ経尿道的に切除、焼灼することにより、根治を目指しています。次に多い診断群は、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。当院泌尿器科の特徴である腹圧性尿失禁に対する手術は、在院日数4日で施行しています。平均在院日数が長いのは、脊髄損傷や高齢者の膀胱結石に対する手術症例が、同じ疾患群に入っているからです。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症(蜂窩織炎) 手術・処置等1 なし 12.55
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 7.90
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 4.01
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 9.00
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり 46.78
 当科では溶連菌やぶどう球菌といった細菌の皮下組織への感染である丹毒や蜂窩織炎で、外来での内服治療では十分な治療を行えない重症患者の入院治療を行っています。当院の形成外科と協力をして局所麻酔で切除可能な良性腫瘍・悪性腫瘍の摘出を行っています。創部の大きさや状態によっては入院での経過観察も行っています。寝たきりの方で骨との圧力が加わる部位に発生する褥瘡は合併症が多く、傷が深く治りにくいものがあります。難治性のものに対して局所陰圧閉鎖療法等の入院治療を行っています。局所陰圧閉鎖療法は1か月間行います。皮膚の良性腫瘍、皮膚の悪性腫瘍に対しての手術も行っており、創部の大きさや状態によっては入院、経過観察も行っています。

アレルギー科

DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 6.64
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア0 8.53
 小児から成人までのアレルギー疾患のために入院が必要な患者を診ています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

>>ファイルをダウンロード
DPCコード 初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 10 1 7
大腸癌 19 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院での癌症例を病期分類で見ると、胃癌、大腸癌、肺癌では進行癌や再発症例が多いのが特徴です。手術は標準的な手術方法を基本としておりますが、多臓器合併切除等複雑な手術になる症例もあります。また、術後は補助化学療法や再発による抗癌剤治療を行う症例が多く、ガイドラインに従い、薬剤師、看護師と連携し外来化学療法室にて行っています。乳癌に対しては、乳房温存手術を基本に行いますが、術前術後化学療法、放射線療法、ホルモン療法等個々の進行度に応じて治療を行っています。肺癌では手術療法を基本に行いますが、進行癌症例に対しては、抗癌剤治療、他院にて放射線治療を行っています。また癌症例全体を通して、高齢者が多いのが特徴です。 肝癌に対してはラジオ波焼灼療法、肝動脈化学塞栓術の内科的治療を積極的に行っています。B型肝炎、C型肝炎といったウイルス性慢性肝炎~肝硬変からの肝癌は減少傾向です。アルコール性、脂肪肝炎患者は増加傾向ですが肝癌増加の原因疾患までにはならなかったです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

>>ファイルをダウンロード
患者数 平均 在院日数 平均年齢
軽症 22 6.00 56.00
中等症 54 11.07 80.52
重症 10 25.50 81.90
超重症
不明
 軽症の患者さんでは若年者が多く、非定型肺炎の頻度が高い傾向にあります。症状が強くて食事がとれない、外来で内服加療しても改善しないなどの理由で入院となっています。中等症の患者さんが最も多く、時には酸素療法を要することもありますが、抗生剤の点滴加療などで治療し早期の退院を目指しています。重症、超重症の患者さんは慢性閉塞性肺疾患、肺気腫といった呼吸器疾患や脳血管障害等の他臓器合併症が多く認められます。呼吸不全に対してネーザルハイフロー、非侵襲的陽圧換気療法や人工呼吸管理を積極的に使用しています。

脳梗塞の患者数等

>>ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 51 23.90 73.43 15.52
その他
 脳梗塞の急性期、3日以内の患者さんが最も多いです。閉塞及び狭窄する血管の支配領域の程度により、1週間で退院できる軽度の人から、寝たきりになる人まで様々です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

>>ファイルをダウンロード

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 91 4.19 52.24 26.37 78.08
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 52 0.21 30.06 0.00 65.58
K0821 人工関節置換術(膝) 等 51 2.63 49.33 3.92 73.92
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 48 1.60 15.46 0.00 53.81
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 47 1.94 18.62 2.13 58.23
 高齢者の骨折手術が上位を占めております。安定型の大腿骨頚部骨折や大腿骨外側骨折に対しては骨接合術を行い、転位を伴った大腿骨内側骨折に対しては人工骨頭置換術を行なっています。高齢者では合併症を持つ患者さんが多く、内科と連携しながら周術期管理を行いつつ、受傷前の状態に応じた目標を定めて早期よりリハビリを行なっています。入院早期からソーシャルワーカーと退院支援看護師を中心に、退院後の生活に視点をおいたカンファレンスを開くことで、ケアマネージャーの方や介護系職種とも良好な連携が図れております。また、退院早期の生活に不安を感じる状況にあれば、当院の訪問看護師も介入し、実際の生活場面を通じて相談に乗ったり、症状経過の評価や生活指導を行なっております。高齢者の橈骨遠位端骨折に対しても、手術による内固定術を積極的に行なっております。術後早期から患肢を使うことができるため、患者さんからも大変喜ばれております。肩腱板断裂に対しては、低侵襲で患者さんへの負担が少ない関節鏡下手術を行なっています。断裂範囲が広く、縫合が困難となってしまった高齢の患者さんに対しては、人工関節の置換術を行い、疼痛の軽減、機能回復を得られるようにしています。また、変形性股・膝関節に対して人工関節手術も積極的に行っております。今後、高齢者が増える中で手術件数が増えていくのは確実であり、さらに当科としてもリハビリを含めた手術成績の向上に精進してまいります。

内科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 (長径2センチメートル未満) 188 0.11 1.09 0.00 67.47
K6532 内視鏡的十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 18 1.11 4.78 0.00 76.44
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 18 3.94 5.67 16.67 77.78
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 17 0.65 9.47 17.65 74.76
K654 内視鏡的消化管止血術 16 4.31 18.88 31.25 72.94
 当院での下部内視鏡検査数の増加もあり、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ切除術が多くなっています。内視鏡検査中にポリープが観察されたときは患者さんにテレビモニターを観察していただきながら、当日ポリープ切除しています。安全のために1泊経過観察入院していただいていますが、術後出血の頻度は少なく、翌朝には退院していただいています。次いで胆管結石、胆管癌、膵癌などに対する内視鏡的処置が多くなっています。胆管結石の患者さんの多くは乳頭括約筋切開術などを施行し、内視鏡的に排石しています。胆管癌、膵癌による閉塞性黄疸の患者さんには胆道ステント留置による内視鏡的減黄術を行っています。安全で負担の少ない治療を第一とすることで、合併症も少なく平均術後日数を短くしています。近隣の病院、施設などから高齢者の患者さんの紹介も多くなっています。 胃、十二指腸潰瘍などからの出血に対し、積極的に夜間、祝日も内視鏡的止血術を施行できる体制としています。 早期胃癌に対する粘膜剥離術(ESD)も積極的に施行しています。萎縮性胃炎などの胃癌のリスクの高い患者さんの内視鏡フォローにより早期で見つかる症例が増えています。 胃瘻造設術に関しては内科入院の患者さんについては年間15件あり、その他に脳外科など他科入院中の患者さんも必要に応じて胃瘻造設術をしています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 3.29 5.94 0.00 62.06
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 16 0.31 4.94 0.00 67.94
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 10 0.50 10.40 0.00 48.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
 外科の手術件数は鼠径ヘルニア症例が最も多く、再発、痛みが少ないテンションフリー手術(メッシュプラグ法、クーゲル法)および腹腔鏡下修復術(TAPP法)をクリニカルパスを導入し行っています。腹腔鏡下胆嚢摘出術も増加しており、炎症を伴う症例にも積極的に腹腔鏡下手術を行っています。また総胆管結石合併症例では、まず内科にて内視鏡的に総胆管結石を除去した後、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う方針としています。入院期間の短縮に貢献しています。結腸癌手術症例も全国的に増加していますが、当院では腹腔鏡下結腸切除を行っていますが、腸閉塞や壁外浸潤を伴った進行癌症例に対しては、開腹手術を行っています。自然気胸症例に対し胸腔鏡下に肺嚢胞切除を行っています。虫垂炎症例に対しては、緊急手術を行う例もありますが、保存的治療後に腹腔鏡下に手術を行う症例も増加しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 39 1.18 4.46 5.13 78.67
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 17 2.88 12.41 11.76 73.59
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 10 0.80 7.80 80.00 69.00
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの)
 当科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道手術です。膀胱癌に対して膀胱腫瘍の組織を採取するとともに、できるだけ経尿道的に焼灼することにより、根治を目指しています。次に多い手術は、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。他院でやむをえず尿道カテーテル留置となっていた症例や、間歇自己導尿を継続していた症例も、積極的に手術をして、なるべく尿道カテーテルを無い状態で、自排尿が出るようにしています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術 (経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 10 59.60 68.40 60.00 78.20
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術
K1742 水頭症手術(シャント手術)
 慢性硬膜下血腫は、脳と頭蓋骨の隙間に液体の血液がたまった状態であり、大多数が高齢者です。症状は半身麻痺、認知症などであり、手術は局所麻酔にて、頭蓋骨に穴を1つ開けて、内部の血腫を注射器で吸引するもので、30~60分間で終わります。症状はすぐに改善され、他の病気の合併がないかぎり、大多数の患者さんは手術後4~7日間ほど(リハビリで更に伸びる場合があります)で自宅に退院できます。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満)
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの)
K0064 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12㎝以上)
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満)
 当科では局所麻酔で切除可能な良性腫瘍・悪性腫瘍の摘出を行っています。創部の大きさや状態によっては入院での経過観察も行っています。また形成外科に依頼し、眼瞼下垂や眼瞼内反症の手術も行っており、術後の傷の経過観察を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

>>ファイルをダウンロード

整形外科

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
 本症例に該当する患者数は10症例未満で発生数としては出なかった。播種性血管内凝固症候群は原因疾患の中で治療されDPCの併存疾患として挙がらなかった可能性がある。敗血症は内科疾患で胆管炎、尿路感染が入院の契機となる疾患で挙げられた。そのほかの真菌感染症は発症数がなかった。手術・処置後の合併症に関しては術後の感染症が挙げられたが症例数は少なく適切な処置にて全例保存的に改善した。

更新履歴

2020/9/30「平成30年度 水島中央病院 病院指標」を公開しました。