リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターの紹介

写真:リハビリテーションセンター
リハビリテーションセンターでは、様々な病気やけがによる障害を可能な限り回復させることを目指し、専門診療科と連携をとりながらリハビリテーション医療を提供しています。また、個々のニーズに応じて日常生活と社会生活における自立をサポートしています。

【理学療法】

写真:リハビリテーションセンター 「起き上がる」「立ち上がる」「歩く」といった基本的な動作能力の回復と維持を目指して個別にプログラムを立案し運動療法を行っています。必要に応じて、痛みを和らげるための電気治療や温熱治療、牽引といった物理的な治療も行っています。また、福祉用具や住宅改修などのご相談も承っております。

【作業療法】

写真:リハビリテーションセンター 主に「脳卒中」「骨折」「肩腱板断裂」などの患者さんが、より良い生活を送ることができるようになるためのサポートをしています。「食事をする」「着替えをする」「トイレに行く」などの日常生活や、「仕事をする」「家事をする」といった社会生活の中で行われる活動や作業を通して、心身機能の回復と維持を目指しています。

【言語聴覚療法】

写真:リハビリテーションセンター 脳血管疾患によることばの障害(失語症や構音障害)、高次脳機能障害(注意障害や記憶障害)に対するリハビリを行っています。嚥下障害については、VF検査、摂食機能訓練を行っています。また外来では、小児の発達検査や言語訓練、ソーシャルスキルトレーニングなどを行っています。

取り組み

早期の回復を目指し、主治医の指示のもと術前や術後翌日の急性期からリハビリテーションを開始しています。回復期リハビリテーション病棟では、日曜・祝日を含めた365日リハビリテーションを実施しています。退院後の外来リハビリテーションも実施しており、急性期から回復期、さらに外来通院に至るまでのサポートをしています。

構成人員

  • 理学療法士 22名(常勤21名、パート1名)
  • 作業療法士 11名(常勤10名、パート1名)
  • 言語聴覚士  3名
  • アシスタント 3名