放射線科

基本理念

  • 放射線を有益かつ効果的に利用し、検査を安全に行います。
  • 質の高い画像情報を迅速に医師へ提供します。
  • 患者さんの信頼と安心 そして納得が得られるように、充分なコミュニケーションをとります。
当科は診療放射線技師12名(男性6名、女性6名)事務員パート1名で、24時間体制で勤務しています。 そのため技師全員が全ての撮影装置・機器を個々が使いこなせるように、日々継続したスキル・アップに力を注いでいます。 また QC(quality control)活動を業務の一環として取り入れており、”当活動を利用した医療の安全と患者サービスへの取り組み”をテーマに掲げ、医療の質の向上を図るとともに、スタッフが互いに協力し、サポートしながら業務に取り組んでいます。

診療科案内

人員

診療放射線技師 : 12名(男性6名、女性6名) 事務員(パート) : 1名

資格

  • 放射線管理士 1名
  • X線CT認定技師 2名
  • 臨床実習指導教員 1名
  • 検診マンモグラフィ認定技師〔A〕6名
  • マンモグラフィ 検診施設画像認定

QC関連

  • 2009年 QCサークル 石川 馨賞 受賞
  • 2018年 QCサークル 石川 馨賞 受賞
  • 日本科学技術連盟 QCサークル指導士 1名

装置

MRI Signa EXCITE HDxt 1.5T (GE)
CT Aquilion PRIME 80列 CT(キャノンメディカル)
DSA Celeve-i INFX – 8000C(キャノンメディカル)
X線TV X線TVシステム Zexira (キャノンメディカル) X線TVシステム CUREVISTA(日立)
マンモグラフィ装置 MAMMOMAT 3000 Nova(シーメンス社製)
体外衝撃波結石破砕装置 ドルニエDeltaⅢ(ドルニエメドテックシステムズ社)
移動型X線透視診断装置 OEC 9900 Elite(GE) OPESCOPE ACTENO (島津製作所) Clearscope 1000(キャノンメディカル)
骨密度測定装置 Horizon Ci(ホロジック社)
一般撮影装置 4台(キャノンメディカル-3台・島津製作所-1台)
ポータブル撮影装置 2台(日立・KENKO)
歯科パノラマX線装置 ベラビュー IC5 FINE(モリタ)
一般撮影 デジタル画像読取装置 REGIUS(コニカ)
一般撮影 デジタル画像読取装置 FCR(フジ)
PACS システム TFS-7000 Rapideye Core TM(キャノン・メディカル)

CT(コンピュータ断層撮影法)

CT(コンピュータ断層撮影法) 通常 単純検査(造影剤なし)は約5分間、造影検査は約10分間で行います。また画像ワークステーションと連携することで、3D(3次元画像)やMPR(多断面再構成画像)を構築しています。また当検査ではICD(植え込み型除細動器)装着の患者さんは行うことができません。

MRI(核磁気共鳴画像法)

MRI(核磁気共鳴画像法) 人体に放射線を当てることなく、強い磁力と電磁波を利用して画像を作ります。単純検査は約25分間、造影検査は約50分間で行います。当検査は金属の持ち込みは厳禁とされており、特にペースメーカー装着、ICD(植え込み型除細動器)装着の患者さんは行うことができません。

DSA(ディジタル差分血管造影法)

DSA(ディジタル差分血管造影法) この検査は血管の治療を目的としており、IVR検査とも言われています。腕中(肘)の血管から造影剤を注入し、骨や臓器を除去して血管だけを連続した画像で写し出します。当検査の特徴は 外科的手技の中でも低侵襲で患者さんへの負担が少なく、検査 ⇒ 診断 ⇒ 治療へと一連の流れで行うことができます。