消化器内視鏡センター

センターのご紹介

内視鏡センターでは、レントゲン透視室を含め検査室を4室、回復室を備え、上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)、下部消化管内視鏡(大腸)、胆膵内視鏡による安全で質の高い診断と治療を、内視鏡専門医を中心に施行しております。拡大内視鏡、特殊光(NBI)による内視鏡診断や早期がんの内視鏡的治療(EMR,ESD)にも積極的に取り組んでおります。(またスタッフとともに常に安全で苦痛のない内視鏡検査を心掛け、不安感を取り除くように配慮して行っており、高度な内視鏡技術を提供できるよう、常に最新の機器で対応する努力をしております。)

検査・治療

  • 上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)
  • 下部内視鏡検査(結腸・直腸)
  • 胆管、膵管内視鏡検査及び治療を行っております

医師紹介

緒方 正敏(おがた まさとし)

顔写真:緒方 正敏

役職

  • 消化器内視鏡センター長

認定資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本感染症学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本緩和医療学会

松尾 龍一(まつお りゅういち)

顔写真:松尾 龍一

役職

  • 病院長
  • 岡山大学医学部医学科 臨床教授

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士

中務 治重(なかつかさ はるしげ)

顔写真:中務 治重

役職

  • 名誉院長
  • 岡山大学医学部医学科 臨床教授

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士

坂根 芳男(さかね よしお)

顔写真:坂根 芳男

役職

  • 内科部長

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

消化器内科専攻医

顔写真:救急科専攻医

所属

  • 倉敷中央病院

上田 綾(うえだ あや)

顔写真:上田 綾

役職

  • 内科医員(時短)

資格

  • 日本内科学会認定内科医

特色

当センターはレントゲン透視室を含めた検査室4室と回復室をそなえ、安全で質の高い内視鏡検査・治療を行なっています。地域の方々に提供するため丁寧な結果説明を心がけ“内視鏡専門医”を中心に専門のスタッフとともに最新のファイバースコープを用いた診療を行っています。

安全で低侵襲な診断・治療を目指した、内視鏡のニーズが高まっております。当院では鎮静剤を用いた検査や経鼻内視鏡も行っており、“苦しくない検査”を心がけております。ご希望の方は担当医にご相談ください。

拡大内視鏡、特殊光(NBI)による内視鏡診断や早期がんの内視鏡治療(EMR、ESD等)に積極的に取り組み、早期発見・早期治療を目指します。

緊急での内視鏡処置等にも随時対応しております。緊急内視鏡は増加傾向となっています。

実績

内視鏡検査

2018年度 2019年度 2020年度
上部消化管内視鏡
2,061件
2,424件
2,111件
下部消化管内視鏡
617件
650件
589件
ERCP:内視鏡的逆行性胆管膵管造影
76件
83件
67件

主な内視鏡治療

       
上部内視鏡処置 2018年度 2019年度 2020年度
  早期胃がん粘膜切開剥離術 13件 20件 19件
  内視鏡的粘膜切除術 2件 2件 1件
  食道静脈瘤効果療法
  食道静脈瘤結紮療法
8件 4件 0件
  異物除去
  (アニサキス、魚骨など)
8件 10件 13件
              
下部内視鏡処置 2018年度 2019年度 2020年度
  内視鏡的粘膜切除術    241件 209件 244件

緊急内視鏡

       
2018年度 2019年度 2020年度
上部内視鏡    63件 32件 73件
処置内容 止血術、異物除去、イレウス管挿入、食道静脈瘤処置など
           
2018年度 2019年度 2020年度
下部内視鏡    20件 15件 28件
処置内容 止血術、軸捻転解除など               

2018年度 2019年度 2020年度
内視鏡的逆行性胆管膵管造影   10件 10件 10件

内視鏡検査

上部内視鏡(胃カメラ)

ピロリ菌の検査は60分程かかりますが当日結果説明できます
生検:病理医による顕微鏡を用いた組織診断の結果は7日~10日程かかります(組織検査)

前処置室で消泡剤を飲み、胃をきれいにします。

内視鏡室でのどの麻酔を行います。

鎮静剤が必要な方は点滴をします。

検査は約10~15分程で終了します。

検査終了後は内視鏡室または検査室で結果を説明します。

上部内視鏡検査をおすすめする症状

  • 腹部症状(腹痛、胸やけ、腹部膨満感、不快感 など)
  • 内視鏡による健診希望の方
  • 便通が気になる時(血便、黒色便 など)
  • 症状がなくても 貧血、体重減少が気になる方
  • 健診でバリウムの飲めない方
  • 健診で異常を指摘された方
  • ピロリ菌がいるといわれた方

下部内視鏡(大腸内視鏡)

ポリープ切除した場合は安全のため入院(1泊2日)になります
生検:病理医による顕微鏡を用いた組織診断の結果は7日~10日程かかります(組織検査)

腸管洗浄液を2L飲用します。

腸内がきれいになれば検査可能です。

検査は約20~30分程で終了します。
※処置がある場合は時間が少し長くなります。

検査終了後は内視鏡室または説明室で結果を説明します。

下部内視鏡検査をおすすめする症状

  • 腹部症状(腹痛、腹部膨満感、不快感 など)
  • 内視鏡による健診希望の方
  • 便通が気になる時(便秘、下痢、血便 など)
  • 症状がなくても 貧血、体重減少が気になる方
  • 健診で異常を指摘された方

消化器内視鏡センターマップ