臨床工学科

臨床工学科の紹介

写真:臨床工学科

写真:臨床工学科

写真:臨床工学科

医用工学の発達に伴い、医療現場では様々な医療機器が使用されています。臨床工学科は、臨床工学技士法に基づく国家資格を持つ臨床工学技士で組織されており、生命維持管理装置の保守・点検・操作と、病院内にある医療機器全般の管理を行います。臨床業務としては、手術室では全身麻酔時の導入補助、鏡視下手術の周辺機器操作や特殊機器使用時の立会い、トラブル対応を行い、消化器内視鏡室では患者様のそばで医師の検査や治療の補助を行います。医療機器管理業務としては、日常点検や定期点検、使用中点検やトラブル時の対応のほかに、新しい医療材料の選定や新規機器導入時の情報提供、在宅レンタル機器の対応等も行います。また、医療機器の安全使用のための研修や勉強会の開催も行っています。チーム医療の一員として患者さまへのより良い医療・安全な医療の提供を目指しています。

構成人員

  • 臨床工学技士:2名

各認定合格の種類、合格者数

  • 第2種ME技術者:2名
  • 透析技術認定士:1名
  • 3学会合同呼吸療法認定士:1名
  • 周術期管理チーム臨床工学技士:1名
  • 第2種滅菌技士:1名
  • 医療機器情報コミュニケータ(MDIC):1名