循環器内科

医師紹介

非常勤医師:岡山大学 循環器内科医師(4名)

診療科紹介

循環器疾患は多岐にわたっておりその診断と治療の進歩は著しいものがあります。当科では疾患の病態に応じた医療を目標にしていますが、病院機能に対し地域に密着した医療を心がけています。循環器内科が対応する症状としては胸背部痛・呼吸困難・浮腫・動悸・失神・チアノーゼなどで、対象疾患は入院し早急な対応が必要な急性冠症候群・急性心不全・危険な不整脈・進行性解離性大動脈瘤・高血圧緊急症・肺動脈血栓塞栓症などと外来での対応が可能な安定狭心症・慢性心不全・緊急性のない不整脈・高血圧症・脂質異常症・深部静脈血栓症・閉塞性動脈硬化症などに分類されます。疾患の種別や重症度に応じて岡山大学循環器内科、川崎医科大学病院、倉敷中央病院などと連携させていただき患者さんのニーズに応えております。

  • 胸や背中が痛くなったり、苦しくなる
  • 動悸がする、脈が乱れる(脈が飛ぶ、急に脈が早くなる、脈がとぎれる)
  • めまいがする、意識を失った、または意識を失いそうになる
  • 足がはれる、むくむ
  • 健康診断や人間ドックで
    • 心臓に雑音がある
    • 血圧が高い
    • 心電図に異常がある
    • 胸部レントゲンで心臓が大きいと指摘された
    • 血液中の脂肪(コレステロール・中性脂肪など)や尿酸が高い と指摘された

外来のお知らせ

毎週月曜日 午後14時00分~17時00分(予約制)
毎週水曜日 午前8時30分~12時00分(予約制)
毎週金曜日 午後14時00分~17時00分(検査)
隔週土曜日 午前9時00分~12時00分(予約制)