平成29年度 水島中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 221 106 68 116 179 189 390 611 627 201
 平成29年度の総退院患者数は過去3年間で最多となった。年齢階級では昨年と比して0-9歳の小児で減少した患者数が例年通りに回復した。70歳以上の各階級で過去3年間いずれも最多となった。患者層の高齢化の表れと考えられる。全体では他院と同様の2峰性の階級別退院患者数となった。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的胆道結石除去術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 8.71 10.61 8.89 78.67
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 38 10.79 12.34 10.53 78.76
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 37 4.65 5.5 2.7 48.11
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 17 17.71 6.45 84.32
030400xx99xxxx 前庭機能障害(良性発作性頭位めまい、メニエール病等) 手術なし 28 4.71 5.15 3.57 68.14
 当院内科で特筆すべきは胆管結石、胆管炎の患者さんが多いことです。
 現在 水島地区では唯一当院でのみ胆管結石に対する内視鏡治療(ERCP)を施行しており、他院よりの紹介患者さんも増えています。高齢の患者さんや緊急内視鏡による排石症例が多く、なかには100歳を超えた患者さんもおられます。入院早期に治療し、大きな合併症もないため平均在院日数は短くなっています。
 高齢女性中心に腎盂腎炎 尿路感染症の患者も多く、泌尿器科と連携して治療にあたっています。
 高齢の心不全患者さんも多く、入退院を繰り返す人もいます。虚血性心疾患が原因である場合は心臓カテーテルのできる病院へ紹介することもあります。
 めまい患者さんの入院も多く、ほとんどが前庭機能障害で中枢性のめまいは少ないですが、脳神経外科と連携しながら対応しています。当院には耳鼻咽喉科がないため内科で保存的に入院加療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 109 51.1 27.09 32.11 83.95
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 73 27.93 19.94 19.18 77.16
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 56 4.55 5.21 1.79 54.7
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷(肩腱板断裂等) 靱帯断裂形成手術等 36 39.25 19.87 0 67.64
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 24 21.04 11.41 0 35.79
 骨粗鬆症をベースとした高齢者の骨折症例は近年増加傾向にあり、近隣の医療機関や施設からも多くの患者さんのご紹介を受けております。大腿骨近位端骨折に対しては、骨接合術もしくは人工骨頭置換術手術を行っており、術後は回復期リハビリテーション病棟に転棟し、積極的なリハビリ治療にも力を入れており、急性期から回復期までの一貫した入院治療を行っております。胸腰椎の圧迫骨折の患者さんに対しても、早期からリハビリが介入し、多くの患者さんは約3~4週間程度の入院加療で病前の状態にまで回復され、元の生活環境へ退院できています。  また平成24年より、スポーツ医学関節鏡センターを立ち上げ、肩の腱板断裂や膝の靱帯損傷・半月版板損傷などの手術治療に力を入れております。特に肩関節疾患の患者さんのご紹介は年々増えており、各種鏡視下手術のみならず、最近ではリバース型人工関節置換術も積極的に行っております。どちらも非常に良好な治療成績を上げており、患者さんからも極めて高い満足度をいただいております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 46 2.87 5.5 2.17 4.98
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 45 3.73 6.03 0 2.58
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 4.68 5.7 0 4.73
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 31 3.68 5.94 0 2.19
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 3.67 6.32 0 5.38
 小児科で多い入院症例は、ウイルス性腸炎、肺炎、喘息、上気道炎となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 10.75 7.4 12.5 61.63
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.64 - -
160450xx99x0xx 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.31 - -
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.14 - -
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷(肋骨骨折、胸骨骨折)手術・処置等 なし - - 5.56 - -
 1番目と2番目は胆嚢炎、胆石症に対する手術症例数を示しています。手術は腹腔鏡下手術を基本的に行っておりますが、高度な炎症を伴う症例は開腹手術に移行するなど、安全で確実な手術方法を心がけています。3番目と5番目は外傷性血胸、外傷性気胸、肋骨骨折の症例数です。当院は救急病院であり、胸部外傷の搬入例も多く、積極的に対応しています。4番目は自然気胸症例です。まず持続的胸腔ドレナージ等保存的に治療を行い、改善がない場合には胸腔鏡下に肺嚢胞切除術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 44.23 16.38 0 69.77
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 8.1 9.68 9.52 74.43
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 28.29 19.1 14.29 66.93
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 15.33 18.72 0 69.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害(良性発作性頭位めまい、メニエール病等) 手術なし 11 3.91 5.15 0 69.09
 脳梗塞の急性期の患者さんが最も多いです。条件次第で血栓溶解剤(t-PA)療法も行なっています。点滴、内服薬、リハビリテーションで加療し、在宅復帰を目指しています。当院は回復期リハビリテーション病棟があり、専従のセラピストによりリハビリテーションをしっかりと行なっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 20 16.15 9.73 0 78.7
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 5.39 7.31 0 74.44
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.31 - -
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患(神経因性膀胱、尿道結石等) その他の手術あり - - 8.88 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患(神経因性膀胱、複雑性膀胱炎等) 手術なし - - 9.44 - -
 当科で最も多い診断群は前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。平均在院期間が若干、全国平均より長いのは糖尿病、心疾患などを合併している症例も、術前に入院で準備を行い積極的に手術しているからです。次に多い診断群は、膀胱癌に対する経尿道手術です。膀胱癌に対して膀胱の組織を採取するとともに、できるだけ経尿道的に焼灼することにより、根治を目指しています。同時に病理組織結果に応じて以降の治療方針を決定するようにしています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症(蜂窩織炎、丹毒) 手術なし - - 11.73 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.5 - -
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 あり - - 33.38 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.95 - -
080110xxxxx0xx 水疱症(水疱性類天疱瘡) 手術・処置等2 なし - - 29.24 - -
 当科では溶連菌やぶどう球菌など細菌の皮下組織への感染によって起こる丹毒や蜂窩織炎に対して、外来での内服治療では十分な治療を行えない重症患者の入院治療を行っています。
 いわゆる床ずれと言われている褥瘡は寝たきりの方で寝具との圧力が加わる部位に発生します。合併症が多く傷が深く治りにくいものに対して局所陰圧閉鎖療法等の入院治療を行っています。局所陰圧閉鎖療法は1か月間行います。
 帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスが再活性して起こる疾患で強い神経痛を伴います。顔面や強く持続する疼痛を伴う場合は入院での加療を行っています。
 水疱性類天疱瘡は掻痒を伴い、緊満性水疱が多発する自己免疫疾患です。破れた水疱や免疫低下に合併症の発症もあるため重症の場合や処置が必要な場合は入院しての治療を行っています。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 20.83 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 アレルギー科では小児期から当院で継続加療をされている患者さんの診療を行っています。
 先天性無顆粒症、発達障害にて当科で加療中の患者の誤嚥性肺炎や、食物アレルギーにて当科で加療中の患者のウイルス性腸炎の治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - - 17 - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - 1 7
肺癌 - - - - - 1 7
肝癌 - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院での癌症例を病期分類で見ると、胃癌、大腸癌では進行癌が多いのが特徴です。手術は標準的な手術方法を基本としておりますが、多臓器合併切除等複雑な手術になる症例もあります。また手術後は抗癌剤治療を行う症例が多く、ガイドラインに従い、薬剤師、看護師と連携し外来化学療法室にて行っています。乳癌に対しては、乳房温存手術を基本に行いますが、術前術後化学療法、放射線療法、ホルモン療法等個々の進行度に応じて治療を行っています。肺癌では手術療法を基本に行いますが、進行癌症例に対しては、抗癌剤治療、他院にて放射線治療を行っています。また癌症例全体を通して、高齢者が多くなっています。
 肝癌に対してはラジオ波焼灼療法、肝動脈化学塞栓術の内科的治療を積極的に行っています。B型肝炎、C型肝炎といったウイルス性慢性肝炎~肝硬変からの肝癌は減少傾向です。アルコール性、脂肪肝炎からの肝癌が増えてきました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 27 6.52 49.85
中等症 88 12.41 77.94
重症 10 10.8 86.5
超重症 - - -
不明 - - -
 中等症の患者さんが最も多く、時には酸素療法を要することもありますが、抗生剤を主とした点滴加療にて治癒されています。
 重症になるほど患者さんは高齢の方が多くなっています。
 重症の患者さんは合併症も多く、難治性で人工呼吸管理を要することもあります。
 軽症の患者さんでは若年者が多く、非定型肺炎の頻度が高い傾向にあります。症状が強くて食事がとれない、外来で内服加療しても改善しないなどの理由で入院となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 57 38.12 73.51 4.76
その他 - - - -
 脳梗塞の急性期、3日以内の患者さんが最も多いです。閉塞及び狭窄する血管の支配領域の程度により、1週間で退院できる軽度の人から、寝たきりになる人まで様々です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 97 4.86 42.45 26.8 77.26
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 65 1.48 18.45 3.08 58.38
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 52 4.37 42.35 26.92 81.48
K0821 人工関節置換術(肩) 等 41 1.39 37.9 0 72.93
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単なもの) 34 1.44 35.53 0 67.85
 高齢者の骨折手術が上位を占めております。安定型の大腿骨頚部骨折や大腿骨外側骨折に対しては骨接合術を行い、転位を伴った大腿骨内側骨折に対しては人工骨頭置換術を行なっています。高齢者では合併症を持つ患者さんが多く、内科と連携しながら周術期管理を行いつつ、受傷前の状態に応じた目標を定めて早期よりリハビリを行なっています。  入院早期からソーシャルワーカーと退院支援看護師を中心に、退院後の生活に視点をおいたカンファレンスを開くことで、ケアマネージャーの方や介護系職種とも良好な連携が図れております。また、退院早期の生活に不安を感じる状況にあれば、当院の訪問看護師も介入し、実際の生活場面を通じて相談に乗ったり、症状経過の評価や生活指導を行なっております。  高齢者の橈骨遠位端骨折に対しても、手術による内固定術を積極的に行なっております。術後早期から患肢を使うことができるため、患者さんからも大変喜ばれております。  肩腱板断裂に対しては、低侵襲で患者さんへの負担が少ない関節鏡下手術を行なっています。断裂範囲が広く、縫合が困難となってしまった高齢の患者さんに対しては、人工関節の置換術を行い、疼痛の軽減、機能回復を得られるようにしています。  また、変形性股・膝関節に対して人工関節手術も積極的に行っております。今後、高齢者が増える中で手術件数が増えていくのは確実であり、さらに当科としてもリハビリを含めた手術成績の向上に精進してまいります。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 187 0.42 1.11 0 66.87
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 1.1 8 15 84
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 20 1.75 6.25 5 75.45
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 18 0.83 8.67 5.56 74.39
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 15 15.27 18.53 33.33 85.93
 下部内視鏡検査数の増加もあり、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ切除術が多くなっています。内視鏡検査を施行し、ポリープが見つかった場合は基本的にその日にポリープ切除しています。安全のため1泊経過観察入院していただいています。術後出血の頻度は少なく、翌朝には退院していただいています。
 次いで胆管結石、胆管癌、膵癌などに対する内視鏡的処置が多くなっています。胆管結石の患者さんは多く、内視鏡下に乳頭括約筋切開術などを施行し、排石しています。胆管癌、膵癌による閉塞性黄疸の患者さんで手術適応のない症例には胆道ステント留置による減黄処置をしています。合併症も少なく、平均術後日数も短くなっています。近隣の病院、施設などからの高齢者の患者さんの紹介も多くなっています。高齢者の嚥下障害患者に対して胃瘻造設を行っています。できるだけ一過性の栄養摂取目的の造設を心がけています。造設後も摂食嚥下リハビリで経口摂取を目指しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 33 0.36 5 3.03 64.7
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 2.52 6.64 9.09 60.91
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
 外科の手術件数は鼠径ヘルニア症例が最も多く、再発、痛みが少ないテンションフリー手術(メッシュプラグ法、クーゲル法)を、クリニカルパスを導入し行っています。腹腔鏡下胆嚢摘出術も増加しており、炎症を伴う症例にも積極的に腹腔鏡下手術を行っています。また総胆管結石合併症例では、まず内科にて内視鏡的に総胆管結石を除去した後、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う方針としています。入院期間の短縮に貢献しています。点滴にて抗癌剤治療を行う症例の増加に伴って、抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテルを造設する症例が増加しています。結腸癌手術症例も全国的に増加していますが、当院では腹腔鏡下結腸切除を行っていますが、腸閉塞や壁外浸潤を伴った進行癌症例に対しては、開腹手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 22 1.64 3.14 0 75.36
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 21 6.43 10.43 0 78.81
K830 精巣摘出術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K805 膀胱瘻造設術 - - - - -
 当科で最も多い手術は、膀胱癌に対する経尿道手術です。膀胱癌に対して膀胱腫瘍の組織を採取するとともに、できるだけ経尿道的に焼灼することにより、根治を目指しています。次に多い手術は、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。糖尿病、心臓疾患などを合併していて他院でやむをえず尿道カテーテル留置となっていた前立腺肥大症の症例も、積極的に手術して、なるべくカテーテルを抜去するようにしています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0.59 10.47 11.76 78.59
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
 慢性硬膜下血腫は、脳と頭蓋骨の隙間に液体の血液がたまった状態であり、大多数が高齢者です。症状は半身麻痺、認知症などであり、手術は局所麻酔にて、頭蓋骨に穴を1つ開けて、内部の血腫を注射器で吸引するもので、40~50分間で終わります。症状はすぐに改善され、他の病気の合併がないかぎり、大多数の患者さんは手術後4~7日間ほど(リハビリで更に伸びる場合があります)で自宅に退院できます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家骨移植) - - - - -
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑なもの) - - - - -
 全身麻酔が必要な皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍に対しての手術を形成外科と協力して行っており、創部の大きさや状態によっては入院での経過観察を行っています。
 手術の必要な難治性の陥入爪では入院治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
 本症例に該当する患者数は10症例未満で発生数としては出なかった。昨年示された手術・処置後の合併症に関しては内視鏡検査数の増加に伴う生検、観血的処置が増加したのにもかかわらず出血等の合併症は減少した。
更新履歴
2018/9/25
「平成29年度 水島中央病院 病院指標」を公開しました。